スポンサーリンク

痙攣に多いてんかん発作の種類と薬物療法

痙攣を主訴に救急搬送されることが多いです。痙攣の原因として、脳疾患などもありますが、1番多いのはてんかんです。てんかんには2種類あり、症候性てんかんと特発性てんかんです。脳疾患の後遺症として慢性期になると現れるのがてんかん発作です。特発性てんかんは原因不明で若年層に多いという特徴があります。てんかん発作の治療は薬物療法です。血中濃度を確認しながら、薬物の量を調節していきます。

12本の脳神経の語呂合わせ 身体の神経の仕組み

脳神経は12本あり、脳疾患により脳神経が障害されると様々な症状が出現しますが、脳神経の働きを理解して症状を予測できます。脳神経の暗記には2種類の語呂合わせを使ってみましょう!身体は中枢神経・末梢神経でできており、脳神経は中枢神経に含まれます。中枢神経・末梢神経はさらに2種類に分かれ、脳神経の解説とともに身体の神経の仕組みも理解しましょう。

クモ膜下出血の原因と治療|合併症の予防が予後を決める

くも膜下出血は年齢問わず発症します。くも膜下出血は早期治療が予後を決定します。原因は脳動脈瘤、脳動静脈奇形、外傷です。治療法は、開頭クリッピング術、カテーテル治療、薬物療法の3種類です。くも膜下出血の約半数は後遺症が残ると言われており、早期治療が何より重要です。出血後24時間以内は再出血のリスクが高く、再出血した場合は、ADLの完全回復は無理でしょう。
救急疾患

脳梗塞は3種類|治療法と梗塞部位による症状の違い

脳梗塞にはラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳梗塞の3種類があります。日本人に多いのがラクナ梗塞で細い血管が梗塞するので症状が軽度で後遺症なしで回復する可能性が見込めます。抗血小板剤の治療が行われ手術は不要です。アテローム血栓性脳梗塞は太い血管の梗塞なので、生命の危険や後遺症のリスクが高いです。薬物療法を基本とし、手術やカテーテル治療が必要になります。

脳出血の種類と治療|被殻・視床・皮質下・脳幹・小脳の症状

脳出血は被殻、視床、皮質下、脳幹、小脳の順で頻度が高く、出血部位によって症状や予後が異なります。脳幹出血の場合、呼吸抑制を招くため死に至る可能性があり、視床・被殻出血も比較的後遺症が残りやすい脳出血です。脳出血の治療は薬物療法、脳アンギオ、手術の3種類があり出血部位や大きさ、予後などを考慮して治療方針を決定します。小脳・皮質出血は予後良好なため薬物療法が基本です。

頭蓋内圧亢進症と脳ヘルニアは致命傷になり得る

頭蓋内圧亢進症と脳ヘルニアは脳出血などの脳疾患が原因で起こる合併症です。脳は密室構造になっていますが出血すると頭蓋内圧が亢進し、頭痛・嘔吐・うっ血乳頭と呼ばれる3徴候を示します。さらに頭蓋内圧の亢進すると脳ヘルニアを合併し、脳幹に近い場所の脳ヘルニアは呼吸障害を引き起こし致命傷になり得るでしょう。予防に重要なことは血圧管理です。血圧を低値で管理するために看護師は頭部挙上と安静保持に努めます。

原因別の6種類の髄膜炎と髄液検査の看護

髄膜炎には細菌性・ウイルス性・ヘルペス脳炎・結核性・真菌性・無菌性と原因別で6種類に分類されます。特に、細菌性髄膜炎とヘルペスウイルスが原因のウイルス性髄膜炎は重症化・後遺症のリスクが高く危険です。髄液検査が診断に有効で、看護師は必要物品を準備し、患者をえびのように背中を丸めて突き出した姿勢を保持する介助をします。

【救急看護】最低限知っておきたい生常圧水頭症

脳疾患の合併症や高齢になると原因不明の正常圧水頭症を発症する可能性があります。脳室とういう空洞の中に髄液が貯留して脳実質を圧迫し、3症状と呼ばれる歩行障害、尿失禁、認知機能の低下を認めます。脳室に髄液が貯留しないよう逃げ道を作る治療として脳と腹腔内、腰椎と腹腔内にシャントを造設すると症状を軽快させることができます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました