ベトナム観光|1泊2日のハロン湾クルーズ

ベトナムは日本人に人気上昇中の観光地になっています! 定番は首都のホーチミンか第二の都市ハノイでしょうか。日本からの直行便があるのでこの2箇所を観光する人が多いのですが… 穴場スポットのハロン湾クルーズがとにかくおすすめです! ベトナムの違った楽しみ方ができますよ!

ハロン湾ってどんな場所?

ハロン湾はベトナム北部に位置するおだやかな湾です。 エメラルドグリーンの海に石灰岩からなる大小3000もの島々が峰をなして立ち誇る、神秘的な景観が特徴です。 ツアーに参加し、コンダクターからこんな話を聞きました。 中国がベトナムに侵入しようとした時に竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石により湾内に島ができたと言い伝えがあるそうです。 カットバ島以外の島は現在は無人島になっています。 1994年ユネスコの世界自然遺産に指定されたベトナム随一の観光名所です。

ハロン湾クルーズの紹介

日帰りと1泊2日のクルーズツアーがあります。 ハノイからハロン湾まで車で4~4.5時間。 残念ながら移動手段は車しかありません。 日帰りツアーの場合 往復の移動時間で9時間ですのでハロン湾で過ごす時間は非常に短いので景色を堪能する余裕はないでしょう。 車に1日9時間も乗るのも、日本の車のように快適ではないので疲れます。 絶対に1泊2日のツアーがおすすめです。 豪華客船の中でのんびりと、綺麗な景色を見ながら非日常を味わいませんか?

豪華客船 ジャスミン号の紹介

内装・外装ともに木目の落ち着いたデザインの、伝統的なベトナムのジャンク船(木造帆船の形式)です。 デッキも木調で緑も飾ってあり落ち着きます! ジャスミン号以外にも3種類くらい豪華客船が選べます。 ツアー会社によって船の種類は異なるので、予約するときに船のデザインを確認した方が良いですよ。

客船内のお部屋の紹介

ツインORダブルルームがありました。 私は予算重視だったので、部屋を選べないプランでしたが、1階のツインルームでした。 ここで予約の時に気を付けてほしいのがバルコニーの有無です。 2階以上は部屋にバルコニーがついているので部屋を選ぶとき確認を忘れずに! 部屋はコンパクトながら必要なものはそろっていますし、清潔です! ベッドも通常のシングルベッドよりも小さいかな?って感じでしたが日本人は身体が小さいので気にならないと思います。 アンティーク感のある落ち着いたデザインで部屋でも優雅な気分になれますよ! タオルやバスローブもあり問題ないのですがなぜかトリートメントはなかったです…使わない人が多いのかな?! 部屋には災害に備えて、ライフジャケット・懐中電灯・窓を割るとんかちが置いてあります。緊急時の避難については乗船後すぐに説明がありますのでご安心下さい!

1泊2日のハロン湾クルーズの予算

ハノイからの車代+豪華客船1泊2日で大人1名35000円くらいです。 それ以外に、必要なのは船内の飲み物代とチップ代です。 二人でビール3杯、ワイン2杯、フレッシュジュース2杯飲んで3400円くらいでしたので日本で飲むよりもかなりリーズナブルです! ちなみに、ツアーを申し込む時期や会社によっては口コミ投稿をすると半額キャンペーンというのがあります! 私はこのキャンペーンに申し込んだので夫婦で4万以下でツアーに参加しました!ラッキー

ツアー中の観光地や活動の紹介

ティエンオン鍾乳洞

幅50m×高さ14mの大きな入り口、広さは1000m2程と奥深く広がる洞窟です。 多くのツアーではティエンクン洞窟を観光することが多く、ティエンオン鍾乳洞に行くのは珍しいそうです。なので、貸し切り状態でした! 8000~1万年前に人類が住んだ後も発見されているらしいです。 ツアーコンダクターの方が一緒に来てくれて、洞窟内で説明をしてくれます。 地形や歴史、神話など質問形式で話が進み面白かったです! 入り口少しを見学するという感じです。洞窟の奥深くまで進むわけではないので体力に自信がない人も問題なしです!

水上村をカヤックで見学

カヤック(有料)またはいかだ船を選び、水上村を見学できます。 本当に海の上に家が浮かんでおり、生活している人がいるのには驚きました。 養殖業?が収入源のようでいけすがたくさんありました。 もちろん、村には学校や病院はありません。水上村での生活に関しては乗船場付近の展示に詳細が書いてあり、ガイドさんも説明してくれました。 衣食住をこの水上村で送っており、必要なときは町へ行くようです。 こんな不便な暮らしで大変だなと思いますが、生活している方々は暗い様子は全く子どもも犬も一緒に楽しそうに過ごしていました。

ティートップ島でビーチと絶景

7:30頃到着し1時間自由時間でした。 ビーチで遊ぶ人やティートップ島の頂上まで登って景色を楽しむ人など自由です。 ティートップ島のてっぺんまで階段で登ると約20分くらいです。 こんな感じで高い位置からハロン湾を眺めることができます(^_-)-☆ ただし、けっこう急で狭い階段が多いので健康な人しか厳しいでしょう。 朝早いにも関わらず気温はかなり高く、20分階段を上るともう汗がとまりません。船の方がタオルも持ってきてくれていて助かりました! ビーチはきれい?とは言えない感じでしたが… (多分、数日前まで台風の影響があったらしいのでその影響です) 欧米人などは気にせずみんな一斉に水着になり遊んでいました。 タオルはスタッフの方が持ってきてくれるので問題ないです。貴重品の管理が難しいので最低限のお金だけにした方が安心です。 ちなみに私は島では1円も使いませんでした!

ツアー参加者と一緒に料理教室

自由参加のプログラムで、シェフがベトナム名物生春巻きの作り方を教えてくれました! 私たち夫婦を含めて約10組程度、家族や友人で参加していました。 2日間、船内で何度も顔を合わせるので一緒に楽しむ企画があると話すきっかけにもなり良いですよね。 外国人との交流も旅行の醍醐味です。 具材は切ってあるのでただライスペーパーで巻くだけという誰もが失敗しないメニューですが、アジア圏以外の人はライスペーパーを初めて使ったと言っていました。 外国人のマダムと一緒に楽しかったです。

健康プログラムの太極拳

早朝7時から15分くらい、サンデッキで全身で太陽を浴びながら運動です。 始めてやりましたが、ゆっくりとした動きなので汗が噴き出ました。 ヨガみたいな感じでしょうか。 こちらも自由参加でしたが、意外にも女性の多くは参加しており、朝からすがすがしい気分になります!夫は恥ずかしいと言って参加しませんでしたが、何でもやってみることが大切ですね。

ツアー中の美味しい食事の紹介

ツアー中の楽しみの1つはやっぱり食事ですよね。 ランチ、ディナー、ブランチ全て紹介します。

ベトナム料理のコースランチ

左側がお品書きです。 右側がメイン料理。器みたいになっているのは豆腐でできていると説明され、味は何かの香辛料のような感じでしたね。器の中に入っている鶏肉と野菜はカレー味です。 この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5025890144_IMG_3275-644x429.jpg ですこの画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5025890144_IMG_3278-644x429.jpg です ベトナム料理ってフォーと生春巻きしか食べたことがなかったですが、フレンチのように見た目も楽しいんですね。 ボリュームもあり、綺麗な盛り付けで大変満足です!

夕食のBBQブュッフェ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は キャプチャ-3-644x478.png ですこの画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 5025890144_IMG_3350-644x429.jpg です 本当はデッキで焼き、食べる予定でしたが小雨が降り始めたためレストランの中に変わりました。 お肉はお店の人が焼いてくれていて、牛・豚・鶏肉がありソースも豊富でした。 中でも、1番おいしかったのは海鮮です。ベトナムは海鮮が美味しいのかも。 そのほかに野菜サラダやフルーツ、スープ、チャーハンやパン、ケーキなどもありましたので一般的なブュッフェとういう感じです!

朝昼兼のブランチ

6時~7時まで、食事会場に軽食としてクロワッサンと紅茶・コーヒーが準備されていました。 ティートップ島に行く前に食べたい人はどうぞって感じです。朝日を浴びながらデッキでコーヒーを飲む時間は最高でした。 チェックアウト前にブランチという形でブュッフェを頂きました。 写真は洋食メニューですが、その場で作ってくれるフォーもありました! トッピングを選べるのでパクチーが苦手な人も食べられます。 ブランチは一般的なホテルの朝食という感じです。

ハロン湾クルーズツアーは英語だけ?

日本語のツアーもありますが、英語のツアーが多いそうです。 最初に述べた通り、日本人観光客はホーチミンやハノイを選ぶので…ハロン湾クルーズの日本語ツアーはあまり需要がないのかも知れませんね。 私たちは英語ツアーに参加しましたが、参加者はみんな欧米人でアジア系はいなかったです。 欧米人はサマーバケーションでアジアを何か国も旅する人が多いそうで、ハロン湾も人気の場所と言っていました。時間に余裕があるから、中心地から遠く離れたハロン湾クルーズも人気なんだと思います。 日本語ツアーは少ないし、不便な場所にあるけど、ハロン湾クルーズは日本ではできない経験も多いし旅行者との交流も楽しいです。 ぜひ、ベトナム旅行の際は、行ってみて下さい!
スポンサーリンク