すぐ分かる!抗血小板剤と抗凝固薬の違い

看護師でも抗血小板剤と抗凝固薬の違いを把握していない人は、意外と多い気がします。どちらも血液をサラサラにする効果があるから、何で使い分けをしているの?と疑問に思うでしょう。

キーワード動脈・静脈どちらに関連しているかということです。

止血の仕組み、そして動脈・静脈の特徴を理解すれば、どういう疾患の時に抗血小板剤・抗凝固薬どちらを選択するか見えてきます。

結果から言うと

抗血小板剤の適応の疾患とは

狭心症、心筋梗塞・脳梗塞など動脈で起こる血栓症に適応。

抗凝固薬の適応の疾患とは

深部静脈血栓症、肺塞栓症、心原性脳梗塞、人工弁置換術、心房細動など静脈で起こる血栓症に適応。

血栓が動脈・静脈のどちらにできるかによって、抗血小板剤・抗凝固薬を使い分けています。

抗血小板剤・抗凝固薬の使い分けを理解するためには、止血の仕組みについて知っておく必要があります。

止血には血小板と凝固の2段階あり

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は キャプチャ-40-644x322.png です

一次止血では、血管の傷ついた部分に血小板が集まり、塊を作ります。この塊で損傷部を埋めて止血する方法です。

二次止血では、この塊をより強固なものにしてさらに止血効果を高めようとします。血液中の凝固因子が互いに反応し、最終的にはフィブリンという糊状に成分になり、血栓を絡めて止血効果を高めます。

つまり、一次止血では血小板二次止血では抗凝固の働きが必要です。

動脈血栓の原因は血管の損傷

加齢や生活習慣病により、動脈硬化が進んでいきます。
血管は内皮組織で覆われており、通常血栓ができないような構造になっていますが、動脈硬化が進むと、血管壁にコレステロールなどが引っ掛かり、弾力も損なわれます。そして、粥状に変化し、血管の内宮を狭くし、動脈硬化の部分が破れやすく内皮を損傷し、血管損傷を招きます。

この損傷部に一次止血の機能が働き血小板が集まり塊を作り、血液循環が悪くなると血栓症を起こすわけです。

動脈の内皮にできた血栓が剥がれて血流に乗り、血管を詰まらせることを塞栓症と呼び、動脈で起こります。

動脈血管の損傷が原因。

つまり、

狭心症、心筋梗塞、脳梗塞は,血小板の活性化による動脈血栓が原因なので、
抗血小板剤が有効です。

静脈血栓の原因は血液のうっ滞

動脈と比較すると静脈は血圧が低く、血流も遅いため血液が滞りやすという特徴があります。滞るというのは血液中の凝固因子が活性化された状態のことです。
深部静脈血栓症をイメージすると分かりやすいですが、長時間の安静臥床によりDVTになるのは下肢の血流が悪いため、つまりうっ滞の状態です。

静脈の場合、血液のうっ滞により血栓ができやすくなります
静脈でできた血栓が血流によって肺や脳へ到達すると肺塞栓症・脳梗塞を招きます。心房細動でも同様です。細動と言って細かく動いている状態で心臓のポンプ機能は弱く血液循環量は少なくなっています。その結果、血液の流れが悪くなり血栓のリスクが高まり、心臓から脳へ飛んで心原性脳梗塞を招くのです。

静脈うっ滞が原因。

つまり、

深部静脈血栓症、肺塞栓、心原性脳塞栓症、人工弁置換術、心房細動は血液の滞留のため凝固因子が活性化することで静脈血栓ができるので、抗凝固薬が有効です。

【抗血小板剤】絶対知ってほしい基本知識

抗血小板剤の種類と特徴

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は キャプチャ-36-644x125.png です

抗血小板剤は経口薬しかありません。
それぞれの薬で作用機序が異なるので組み合わせて使うことで強力な抗血小板療法を可能にします。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は キャプチャ-37-644x231.png です

効果消失期間というのは、薬を中止してから効果がなくなるまでに必要な日数です。シロスタゾールは短期間で効果を発揮し短期間で効果を消失するという特徴があります。

抗血小板剤を内服するときの注意点

効果消失期間がなぜ重要になるかと言えば、手術や処置など出血を伴う場合、手術の日程に合わせて内服を中断する必要があるからです。

あくまでの上の表の日数は目安ですが、一般的に1週間前から内服を中止する指示が出ます。その間も血栓症のリスクが高い人には抗血小板剤の代わりに抗凝固薬に切り替えて投与を持続する場合があります。

抗凝固薬のヘパリンは半減期が12時間と短いため手術前日まで投与可能です。

抗血小板剤の副作用

言うまでもなく頻度の高い副作用は「出血」です。

皮内出血、鼻出血、歯肉出血、月経過多、血痰、血尿、血便、貧血などの可能性があります。一度出血すると、止血までに時間を要するのでまずは出血しない生活を送ることです。

上記の出血は目に見えるので異常に気づきやすいですが、怖いのが消化管出血、頭蓋内出血、腹腔内出血です。
転倒して軽く頭を打ってその時はなんともなかったけど、じわじわと出血が持続し数ケ月経ってから神経症状が現れるというこよもよくあります。

抗血小板剤・抗凝固薬を内服している患者は易出血状態になっているので、止血処置に時間もかかるので普段の生活から気を付ける必要があります。

抗血小板剤①アスピリン

アスピリン喘息や胃潰瘍などの消化管潰瘍のリスクが上がります。
もともと喘息や潰瘍の既往がある人はより注意が必要です。

抗血小板剤②クロピドグレル・③チクロピジン

特にクロピジンでは、血栓性血小板減少性紫斑病(発熱、貧血、血小板の減少、精神症状、腎機能の低下などの症状)、無顆粒球症(易感染状態)、重篤な肝障害などの重大な副作用が、主に投与開始後2か月以内に起こる可能性があります。

投与開始2か月は原則として2週間に1回血液検査を実施し早期発見に努めます。

抗血小板剤④シロスタゾール

血管拡張作用があるので、頭痛や動機、狭心症の発作を生じる可能性があります。

抗血小板剤を内服している人の禁止食品

グレープフルーツこの画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 240_F_39304617_7DSXXQknhHcyojNMMZa4PUOxhu8u7V04.jpg です

特にシロスタゾールでは禁忌ですが、グレープフルーツを飲むとこの薬の血中濃度が上昇し、副作用のリスクが高まります。

【抗凝固薬】絶対知ってほしい基本知識

抗凝固薬は3種類~急性期・慢性期で使い分け~

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は キャプチャ-35-644x230.png です

急性期治療では点滴投与が優先され、安定すると内服に切り替えます。
皮下注射薬は急性期・慢性期という分け方ではなく、整形外科の術後患者など床上安静が長くなり深部静脈血栓症のリスクが高い人が使用することが多いです。

抗凝固薬を内服している人は定期検査が必要です

ワーファリンはビタミンKの働きを抑え、血液の凝固機能を低下させます。つまり、凝固因子を直接抑えるわけではないので、服用後、効果が安定するまで一定期間を要します。

その間、血液検査のPT(プロトロンビン時間)やINR(国際標準化プロトロンビン時間)の値を確認し、内服量を調整します。病態にもよりますが一般的にはINR1.6~3.0で調整することが多いです。

抗凝固薬を内服するときの注意点

妊娠中の場合

妊娠6~9週に内服すると胎児の奇形のリスクが上がるため、もし妊婦さんで抗凝固薬を内服している場合はヘパリン注射に切り替えるなど対応が必要です。

抗凝固機能が効きすぎて出血リスクが高まっている場合

緊急手術・処置の場合で出血リスクが高いときや単にINRが延長し過ぎている場合はワーファリンの作用を抑える必要があります。
その場合、ビタミンKを投与し凝固機能を回復させます。よくケイツーフラッシュと呼んでいます。

ヘパリン特有の副作用

体内にヘパリンと血小板第四因子の物質に対し抗体ができ血小板数が減少する副作用「ヘパリン起因性血小板減少症」というのがあります。

通常は血小板が減少すると出血リスクが上がるのですがこの場合は逆の作用が働き、血栓症を起こしやすくさせます

対処方法はヘパリン以外の薬に変更することです。

抗凝固薬を内服している人は薬の飲み合わせに注意

ワーファリンの作用を強める可能性があるもの:抗生剤、解熱鎮痛剤
ワーファリンの作用を弱める可能性があるもの:骨粗鬆症治療薬、抗てんかん薬

が有名です。
必ず、飲み合わせを確認しましょう。

抗凝固薬を内服している人の禁止食品

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は キャプチャ-39.png です

  • 納豆
  • クロレラ
  • 青汁
  • モロヘイヤ

には大量のビタミンKが含まれているので、抗凝固機能を抑制させる働きがあります。

また、一度に大量の緑黄色野菜を摂取するとビタミンKの過剰摂取になる可能性があるので分けて摂取しましょう。

抗血小板剤と抗凝固薬の違いまとめ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は キャプチャ-38-644x364.png です

病名から抗血小板剤・抗凝固薬どちらを内服しているか想像つくようになったと思います。自信がない人は薬名を観れば一目瞭然です。

入院患者の場合、禁止食品を入力する必要があり看護師なら当たり前の知識とみなされますので、必ず確認を!

看護師の皆さん!今の仕事、将来へ不安を感じている人は

【看護師】転職の不安解消にまずはプロに相談!

をぜひ参考に。

スポンサーリンク