【クアロアランチ】山も海も満喫!バギーとシークレットアイランドの紹介

ホノルルと言えば、ビーチでのんびりや買い物がメインの人が多いでしょうか?

新婚旅行や家族連れに人気の旅行先のハワイですが、非日常を味わいたい気持ちはわかります!何にも考えないでビーチでぼーっとしたり、免税店で買い物三昧も素敵ですが、ハワイで映画のロケ地巡りなんてのも良いですよ!

クアロアランチ基本情報

ハワイ・オアフ島の北東に位置する「クアロア・ランチ」は、古代には王族しか立ち入ることが許されなかった聖地だったようです。今でも大自然が残り、まさに恐竜が存在してもおかしくないようなきれいな手が加えられていない自然の雄大さや美しさを感じる場所です。

ホノルルから車で約1時間。

49-560 Kamehameha Hwy. Kaneohe, HI 96744
電話: (808) 237-7321
営業時間: 7:30-18:00
カフェテリア: 7:30-16:30
営業日: 毎日(クリスマス、元旦を除く)

ハワイクアロアランチのHPはこちらです。

ツアー参加方法

日本からツアーに参加する場合は直接申し込みをしても問題ないですが、大手旅行会社(JTB,HIS,日本旅行など)からパッケージツアーが組まれています。
日程表などの詳細が日本語でもらえるので日本の会社を通じて申し込みをした方が安心できると思います!

ちなみに私は個人で参加しました。集合場所で参加方法によって色別のリストバンドを渡されます。これで支払いの管理やアクティビティを選ぶかどうかなど判断していたようです。
正直、JTBなど大手旅行会社から申し込んだ人達に圧倒されて居心地が悪かったというか不安だったというか…個人の場合は到着してからアクティビティを選び清算をするので、滞在時間がその分短くなるのもデメリットだった気がします。

ハワイ旅行の申し込みも旅行会社を通じてした人はなおさら同じ会社で申し込みをした方がお得なこともあるのでぜひ確認を!

アクティビティの種類

  • 乗馬
  • バギー(四輪車)
  • 映画ロケ地巡り
  • ジップライン
  • ジャングルエクスペディション
  • オーシャンボヤージュ
  • テイストオブクアロア
  • シークレットアイランド
  • ラプター
  • eBIKEアドベンチャー

など。

私は1年前の夏に参加したのですが、その時よりも種類が増えています!

実際にやったバギーとシークレットアイランドを紹介していきます!

バギーで大自然を颯爽と走る

日本でバギーに乗れる場所ってあるんでしょうか?私は聞いたことがないのでハワイで初体験となりました!

1時間コースと2時間コースがあります。
私はバギーとシークレットアイランドのパッケージツアーに申し込んだので強制的に1時間コースでした。

まずは、英語、日本語、中国語に分かれてバギーの操作や安全説明のビデオを見ます。その後、ヘルメットなどを選び装着していざバギーに乗車です。

1番最初は基礎的な練習コースになっています。
先頭にインストラクターのお姉さん、次から等間隔にツアー参加者が続きます。

そして私の番。
ビデオを見たとき「誰でも運転できるし簡単じゃん」とかなり強気に思っていました。しかも、事前にネットで確認したときも「練習コースで落ちる人なんていない」って書いてあったし!!!!楽勝だー!!!と。

余裕をかましていざ出発すると、「なんで?まっすぐいかないの?ブレーキもコントロールできないし、コースアウトしそうなんですけど…お姉さーん待ってー!!!!!」

と、ど下手だったのです。

みんな綺麗な1列で間隔を保ちながら運転しているのに、私のところだけ、間隔はあくわ、ルートから逸脱するわ。

「まずい、このままでは落とされてしまう」と内心びくびくでした。

そしたら見かねたインストラクターのお姉さんが来てくれてコースまで戻してくれました。そして、下手だから私の後ろに来てと…

最初から最後まで夫とは別行動となりました(T_T)/~~~

一応、新婚旅行なんですけどね。
自分のスキルのせいだから文句は言えない。むしろ、落とさないで連れて行ってもらえただけでも感謝しなければ。

夫は私があまりにも下手だったのがうけたらしく、大爆笑していました(;_;)

もはや失格一歩手前だった私もお姉さんの後ろだとなぜかうまく運転でき、その後は急斜面を下るのも川を渡るのも滞りなくできました!

バギーの爽快感も最高ですが、何より景色がすばらしかったー(^^♪

なぜだかモアイ像がありました!

草原~山にかけての緑のグラデーションと真っ青な空。絶景です。

運転をしている最中は写真が撮れなかったのですが、途中海が見える箇所もあったそこも格別でした!

おすすめ持参物

  • 帽子
  • サングラス
  • 薄手の長袖
  • 運動しやすい格好
  • リュックサック
  • アクティブカメラ

格好は言うまでもないですが、1~2時間炎天下の中で運転します。
山の中に入ると影もありますが、日差しが強いので日焼け対策を忘れずに!

バッグは絶対にリュックが良いと思います。ショルダーバッグでも乗車前にロッカーに預けないといけないので…
リュックなら背負ったまま乗車できるので飲み物やカメラを持って行くことが可能です。

アクティブカメラはぜひおすすめです。私はGoproを最近購入しましたが、この時に撮りたかった…と後悔しています。素晴らしい映像が撮れるはずです!

シークレットアイランドは奇麗なのか?!

ロケ地巡りやジップラインが人気のようでシークレットアイランドを希望する人は少なかったです。しかも子供連れはあんまりいませんでしたね…

シークレット・アイランドはクアロア・ランチ所有のプライベートビーチらしいです。手つかずの自然に囲まれ、森林はアマゾンを連想させるほどです。

シークレットアイランドまでは船で10分もかかりません。ただ、その川があんまりきれいでなく、前日に豪雨が降ったためと言っていました。

天候が良いときのビーチは

(引用元:クアロアランチより)

綺麗ですね~

ツアー参加者しかいませんので本当に静かなプライベートビーチです。

私が行ったときは海が濁っていて天候があまり良くなかったのであえて写真はやめておきますね!

カヤック、カヌー、スタンドアップパドル、ビーチバレーなどをすることができます!やり方も教えてくれますよ!

ヤシの木の木陰にはハンモックが4つあり、お昼寝も最高です。

注意事項

  • 飲食物を購入する場所はありません。
    お水は用意してくれていたので、必要な人はクアロアランチの入り口の売店で購入してから出発した方が良いです。
  • シャワー・トイレはあります。お湯も出ました!
    ただ、外にある簡易シャワーなので更衣室などはあまりきれいではないです。シャンプーや石鹸などももちろんないので持参しましょう。
  • 着替えやすい格好を。
    完全に乾かして着替えるなんて到底無理です。汚れてもいい、濡れてもいい、着脱に便利な洋服がおすすめです。
  • 貴重品の管理を
    特定の荷物置き場などありません。盗難かないとは言えませんので、リュックに南京錠を付けることや貴重品は水中ホルダーのようなものに入れて肌身離さず持っておくなど、油断しない方がよいです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です