ハワイ島でやるべきアクティビティ-コナコーヒーの焙煎-

ハワイでコーヒーと言えば、コナコーヒーですよね!
日本で購入できる場所、お店で飲める場所ってすっごく少ないと思いませんか?
ちなみに日本ならHONOLULUコーヒーで飲むことができますよ(^^♪

夫婦でコーヒーが大好きなのでハワイ島のUCCコーヒー農園へ行き、実際に焙煎を体験してきました!

UCCコーヒー農園

基本情報

【UCC Hawaii Corporation】
75-5568 Mamalahoa Highway,Holualoa, HI 96725
Tel: (808)322-3789
Fax: (808)324-1528
Email: info@ucc-hawaii.com
営業時間:9時~16時30分
毎日営業(元旦・サンクスギビング・クリスマスを除く)

空港から車で30分程度。
コーヒー農園は山の上にありますので、車でしかアクセスできません。

私たちはレンタカーを借りていなかったのでタクシーで移動しましたが、運転手さんがとても親切で体験が終わるまで駐車場で待機してくれて帰りもスムーズに帰ることができました!もし、タクシーで行かれる方はお迎えを呼ぶのが面倒なので、待機してくれるか聞くと良いと思います。

ツアーの申し込み方法

私たちはVELTRAから申し込みをしました!

世界に一つだけのオリジナルコーヒーを作る!生豆焙煎体験ツアー

というのに参加しました。
コーヒー農園の見学とコーヒー2袋プレゼントの基本プランでS46.87です。
所要時間1時間と書いていますが、話が盛り上がって1時間以上要したと思います。

コーヒー農園の見学

案内してくれた日本人の方がとっても明るくて、話を聞くのが楽しかったです!
ちなみに、ここは東京ドーム3個分の敷地に1万本以上のコーヒーの木が植えられているそうです。

雨上がりでしたので海まできれいに写っていませんが、晴れた時は景色もきれいだと思います!

コーヒーの木って初めて見ましたが背丈はあまり高くないです。

コーヒーの豆はこんな感じでなっています。
赤く染まっているのが熟しているサインだそうで、肌色の豆が生豆です。

案内の方が「なめてみて下さい!」と言うのでペロッと。
「甘い!!!!」意外ですよね。果物と一緒らしいです。

見学の時にコナコーヒーに関するクイズやなぜ貴重なのかなど説明してくれます!この話を聞いてから、コナコーヒーの見方が変わりました。

焙煎体験

いよいよ楽しみにしていた焙煎です。

生豆を見るのも焙煎するのも初めてでした!

①生豆を乾燥させた豆をいただきます。

②いよいよ焙煎です。焙煎機は6台ありました。

6人、参加者がいましたが同時に焙煎すると管理が大変ということで3人ずつ交代でやりました!

途中の色の変化は豆をスプーンで取り確認しながら好みの色まで焙煎します。

③豆の焙煎の変化

左上が最初に頂いた豆の状態で焙煎時間によって色が変化します。
色が濃い方が苦味が強いそうです。

コナコーヒーは後半のしっかり焙煎した方が香りも味のバランスも良いとのことでしたので、私は右端の上から2番目のFull City、夫はItalianで作りました。

④焙煎後はうちわで冷まして完成です!袋に入れる前に豆か挽いた方が良いか聞いてくれます!豆を挽く道具を持っていないのでここでやってもらいました。

⑤パッケージ

夫婦で写真を撮ってもらい、それをコーヒー豆のパッケージに貼ってくれます!
ちなみにWeddingバージョンにしていただきました!

ハワイは新婚旅行で行く人が多いからさすがです。こういう心配り、嬉しいですよね!
こんな感じのパッケージに写真が載ります。

一人2袋ずつお土産にいただけるので1つずつお互いの実家にプレゼントしました!コナコーヒー飲んだことないと!しかも日本に持って帰っても香りがとても良くて少しだけハワイ気分を味わうことができたかも?!

とっても喜んでくれたのでぜひ夫婦で訪れた場合は両親へプレゼントするのもいいですよ!

農園内のキオスクでお土産探し

焙煎する横にキオスクがあり、コナコーヒーはもちろん、チョコレートや麻でできた袋なども売っていました!
コナコーヒーは毎日焙煎しているものらしいです。

ここでコーヒーの試飲があり頂きましたが、アイスコーヒーもホットもおいしかったです!コナコーヒーは空港などでも購入できますが、せっかくUCCに来たのなら、こちらで買った方が良いです。
焙煎したて、挽きたてなので香りが全然違います。コーヒーの種類も豊富でお気に入りを探して下さい。

Cafeも併設されていてアイスなども売ってありますよ!
ホットコーヒーとアイス。大好きな組み合わせで最高です。

コナコーヒーとは

コナコーヒーは、ジャマイカのブルーマウンテンと並んで世界最高のコーヒーと称されています。その名の通り、ハワイ島南西部のコナ地区でのみ栽培され、生産量は世界のコーヒー生産量の1%以下という大変希少なコーヒー豆です。
苦みが少なく柔らかな酸味と甘い香りですっきり爽やかな味わいが特徴です。アメリカでコーヒーを生産しているのはハワイ州だけなので、ホワイトハウスの公式晩餐会では必ずコナコーヒーが供されます。

引用:Honolulu Coffeeより

世界の生産量1%以下ってかなり貴重ですよね!

ハワイ島の西側のコナ地区で栽培されるアラビカ種のコーヒー豆だけをコナコーヒーと名乗ることができ、栽培されているエリアはコーヒーベルトと呼ばれるそうです。

ハワイ島は火山の影響を受けた肥沃な未開墾地のため、ここの栄養豊富な土壌と穏やかな風や昼夜の寒暖差、雨量などがコーヒーの栽培に適した条件となっているようです。

おいしい淹れ方

帰国してから、自分たちで焙煎したコーヒーをおいしく飲むために聞いてきました!

大切なのは水と温度だそうです。

適した水は軟水!
Ca,Mgなどミネラルが多く含まれている硬水やフッ化物が含まれる水道水は避けた方が良いそうです。
ミネラルウォーターでコーヒーを沸かした方がおいしいということですね!

温度は沸騰直後よりも、少し冷ましてからの方が良いそうです。
またコーヒーメーカーで保温しておくと20分後~味が落ちるそうです。すぐに飲まない場合は、一度保温を切って、飲む前に温めた方がよさそうです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です