誰でもどこでも使える・海外赴任持ち物リスト!Excelのチェックシート付き

海外へ赴任する方へ

特に初めての方は何を持って行けばよいか、悩むのではないでしょうか?
特に日本のように徒歩圏内にコンビニがあるとは限りません。

先進国も発展途上国も踏まえて一覧表にしました!
ブログの最後にExcelのチェックリストを付けています。

活用してください!

絶対に必要なもの

★パスポート(ケース付きが望ましい)
★変圧器
★その国対応の電源プラグ
★携帯・PCの充電ケーブル
★夏・冬に帰国する場合を想定した服装1着
★日本からのお土産

どこの国でも重要です!絶対に忘れないで下さいね。

(以下☆が強く勧めるもの、◇があれば良いものです)

日用品

☆フェイスタオル
☆ハンカチ
☆ポケットティッシュ
☆ウェットティッシュ
☆爪切り
☆耳かき
☆カラビナ
☆海外用財布
☆メモ帳とペン
☆観光本
☆裁縫道具
◇アルコール消毒剤
◇カメラと充電器
◇クリアファイル
◇南京錠
◇内側からかけられる防犯ロック
◇イヤホン・マイクなど
◇ゴム手袋
◇ぞうきん
◇ゴキブリ対策
◇アリ対策
◇ダニ対策

発展途上国の場合は、防犯対策や害虫駆除も必要です。

途上国ばかりの海外赴任経験が多い夫が言うには、ゴキブリ駆除の商品はあってもアリやダニはあまり見かけないそうです。

気になる人は日本から買っていくことをお勧めします!

ゴキブリの殺虫剤は赴任先で購入していますが、日本より威力が強く逃したことがありません!案外、その国にあった製品になっているのかも?!

食料品・調味料

☆味噌
☆塩こうじ
☆一味
☆わさび
☆そば
☆うどん
☆そうめん
☆乾燥わかめ
☆ふりかけ
☆お茶漬けのもと
☆かつお、いりこ、あごだし
☆コンソメ
☆鶏だし
☆おいしい塩を1種類
☆カレーのルー
☆粉末のお茶
☆インスタントのあえるだけパスタのもと
◇お醤油
◇白だし
◇みりん
◇鰹節
◇お好みソース
◇塩昆布
◇高野豆腐
◇切り干し大根
◇からし
◇ごま
◇マヨネーズ
◇ケチャップ

食料品や調味料はいつかはなくなってしまいます。

ですが、最初の慣れない時期に普段使っていたものがあると、本当に助かります。
最初の1か月分くらい調味料があれば食事の味付けは心配はしなくて良いです。

特に味噌や塩こうじはお肉にもお魚にも使えるし、柔らかくなっておいしいし本当に便利調味料です!お忘れなく。

生活に慣れてくれば、スーパーで調味料を探す余裕もできるし、もしかしたら日本の食品が売っているところを発見するかも知れません。

サランラップは海外にも類似品は売っていますが日本の商品ほど使いやすいものは出会ったことがないので重宝します!

調理器具

☆大さじ・小さじスプーン
☆お箸
☆ピーラー
☆おろし器
☆サランラップ
☆しゃもじ
◇缶切り
◇お弁当用のシリコンカップ
◇クッキングシート
◇穴あきお玉
◇菜箸
◇持ち歩き用カトラリーセット
◇調理用バサミ
◇輪ゴム20本くらい
◇クリップ
◇フリーザーバッグ
◇鍋敷き

もし旦那様にお弁当作るって人はお弁当グッズをお忘れなく。

お弁当箱ですが日本の文化なので、タッパーのようなものしか海外では手に入りません。気になる方は日本から買って行った方がよいですよ!

薬・医薬品

☆常備薬
☆咳・喉関係の薬
☆鼻炎薬
☆解熱剤(弱いのと強いの種類ずつ)
☆胃薬
☆便秘薬もしくは下痢止め
☆アレルギーの薬
☆虫刺され
☆ニキビケアの軟膏
☆口内炎の薬
☆水分補給と結膜炎の目薬
☆メンソレータム
☆傷口の洗浄液
☆マスク
☆絆創膏
☆体温計
◇コンタクト用品または眼鏡
◇コンタクトを装着したままできる点眼薬
◇2週間分くらいのビタミン剤
◇生理用品

海外でももちろん薬を手に入れることはできますが、慣れない環境で薬局に行ったり、病院に行くのは怖くないですか?国によっては感染症の心配もあるし…

大人であればちょっとした体調不良は日本の市販薬で対応できますから、必ず持って行ってくださいね!

処方箋が必要な薬を多量に手に入れたい場合は海外渡航専門クリニックがありますのでそちらでご相談下さい!
一般のクリニックでは薬だけ渡すというのは厳しい面がありますので…

コンタクトを使ってる人も国によっては購入できるところもあります!
事前に調べて必要な分、持って行きましょう。

女性の方は生理用品は最初の月に必要な分は持って行った方が良いです!

環境の変化でホルモンバランスが崩れて予定通りに生理が来るかも分からないし、海外のナプキンってやっぱりかぶれやすかったり吸収力が弱かったり…

日本製がやっぱり1番肌に良いって感じるので、かさばるけど荷物のクッション代わりだと思って中身をばらまいて隙間を埋める入れ方がお勧めです笑

ファッション

☆下着・靴下1週間分くらい
☆部屋着・パジャマ
☆私服
☆薄手の長袖の羽織るもの
☆セミフォーマル~フォーマルウェア1着
☆スニーカー
☆フラットシューズ
☆サンダル
☆パンプス・ビジネス用シューズ
☆ベルト
☆普段使いのバッグ(リュックやショルダー)
☆お出かけ用小さめバッグ
☆折りたためる旅行バッグ
☆エコバッグ1個
☆アクセサリーケース
☆最低限のアクセサリー
☆時計
◇水着
◇スポーツウェア
◇ネクタイ
◇ネクタイピン
◇帽子
◇サングラス

女性の場合、下着は何日分くらいあれば足りるかな?って心配になりますよね。1週間分あれば1年は絶対に持ちます。

たいていの会社は1年に1回は帰国できると思いますので、そのときにまとめ買いすることを勧めます。

女性目線で書いていますが、衣類やバッグなどは意外と最低限でよい気がします。きっと、赴任中の休暇に海外旅行に行ったりして洋服やバッグを買うことがあるだろうから…バッグや靴は知らないうちに増えてしまうものの代表です!

美容・コスメ

☆化粧水・乳液
☆洗顔フォーム
☆クレンジング
☆泡立てネット
☆日焼け止め・化粧下地
☆ファンデーション
☆アイブロー
☆マスカラ
☆アイシャドー・アイライナー
☆チーク
☆リップクリーム
☆口紅
☆グロス
☆外出用の小さいポーチ
☆ニベアの青缶
☆体洗うときのタオル・スポンジ
☆ヘアゴム
☆ヘアピン
☆ヘアブラシ
□ヘアアイロン
◇ヘアオイル
◇ヘアワックス
◇剃刀

男性には関係ないですが、女性にとっては欠かせないアイテムです。

化粧品を全部持って行くのって荷物になりますので選別しましょうね。

その国での生活に慣れてくれば絶対にドラッグストアなどで化粧品を探すことができると思います。日本で使っていたものが手に入らなくても、自分にあった商品を探すのも面白いので、最初の1~2か月分あればよいのではないでしょうか。

個人的にはニベアの青缶があれば最強だと思っているので、持ち物に悩んだから持って行くことをおすすめします。

紫外線の強い国では日焼け止めは多めに持って行った方がいいですよ。

補足

行先や性別よって必要物品が変更すると思いますが、この一覧表は参考にできるはずです。

良ければ、下の一覧表を印刷して使って下さいね!

海外赴任の持参物

(濃い文字がブログ上の☆マークで絶対必要、薄い文字がブログ上の◇マークのあれば良いものに該当します)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です