SurfaceのLaptopを世界で充電するには変圧器が必要です!

マレーシア生活を始めて2週間が経ったころ、

突然、PCの充電ができなくなりました。

えっ?なんで???( ゚Д゚)

夫が仕事に行っている間の約13時間。
私の唯一の娯楽で仕事を応募する道具でもあるパソコン。

実は、海外に赴任する前に翻訳するとか、ブログ書くとか、帰国後、一般企業に勤めたいからその時も使えるとか!

なんだかんだ理由を並べてパソコンを買い替えたばかりだったのです。

しかもsurfaceのLaptop。

スタイリッシュなデザインかつ性能も申し分ないし軽いし
とっても気に入っています。

で、なんで充電されないの????

トラブル対応

ここから1週間近く、ストレスフルなトラブル対応が始まりました。

①ネットで「Laptop 充電されない」とググる。

→ケーブルの掃除をしてみたり、差し替えたけど無意味。

②ネットで「Laptop 故障 原因」とググる。

→ほぼ記事が見つからず。本体の故障ではないのかな?と、少し自信を持つ。

③2チャンネルで「Laptop 充電できない」と検索

→はい。出てきました。海外の電圧対応ではないという投稿…

MACを買えば良かった

まじ?Surfaceってアメリカの会社ですよね?

日本製のPCでも今どき、海外対応なんだけど。

変圧器いるとか、今の時代に考えられない(; ・`д・´)

そうです。購入したときに今後も海外生活が多いから

困らないようにと思って日本製は避けて

MacにするかSurfaceにするかで悩んだ結果

Windowsが使いやすいからとSurfaceを選択。後悔しかない。

お客様センターへ問合せ

①充電できない原因は?

担当者に言われたことは

「日本で売っているSurfaceの商品は全てケーブル類は日本対応のみ。
海外で使用する場合は変圧器を使用する必要があります。ケーブル類の表記
を確認してみてください」と言われました。

確かに充電ケーブルのバッテリーには100‐240V対応って書いてあります。

矢印のところなんだけど…これ見えますか?

240Vなので充電ケーブルのバッテリーは世界対応なのです。

だが、電源コードには125Vと。125V!!!!!

こっちはまだ見やすいかも。

日本しか無理じゃん!充電をするには充電ケーブルと電源アダプターを接続して使います。

一部は海外対応、一部は日本だけって、騙された…

なんでそんな面倒なことするの?今どき、日本製のPCでも海外対応なんですけど。

変圧器なしで充電をしていたので、ケーブル類が壊れたのではないか?とのことです。

②マレーシアでLaptopを取り扱っている場所を教えてほしい

まさかの解答で「日本で調べることはできません。」と。

意味が分かりません。海外支店って普通分かるんじゃないの?

対応悪すぎじゃない?日本法人だから日本のことしか分かりませんとか、何のためのお客様センターだよと怒りヒートアップです。

③マレーシアでの問合せ場所を教えてほしい

デスクの電話を教えてもらいました!この際、自分の力でどうにかするしかないと張り切って電話をしましたが…

まさかの、英語があまり伝わらない悲劇…

よくわからないけど修理センターにかけるように言われて電話番号を教えられたけど、その電話番号は「現在使われておりません」って。

終わったーーーーーーーー(T_T)/~~~

はい、ストレスメーター振り切れました

④普段言っているショッピングセンターでSurface商品の聞き込み

分かったことはマレーシアではSurfaceの商品はほぼ取り扱いがないらしい。
不人気なのね!

日本でももしかしたらマイナーなのか?私が魅力的に思っていただけなのかも知れない。

シンガポールに行けば間違いないだろうけどね!と言われました。

たかが、充電ケーブルのために国を超えるって、そんな馬鹿げたことありますか?

⑤再び日本のサポートデスクへ問合せ

現状を説明し、なんとかマレーシアの家へ送ってほしいと頼むがそういうサービスはやっていないと。

どんだけサポート悪いの?!けち。

ならば、私の代わりにマレーシアデスクへ電話して今後の対応を聞いてほしいと頼むが

それもできないと。やっぱり、けち。

もう何にもしてくれないじゃん(´;ω;`)ウゥ

苦情したいわけじゃなくて助けてほしいだけなんだけど。

⑥最終的な合意

結局、日本の実家へ商品を送ってもらい、母からマレーシアの家へ郵送してもらいました。

そもそも、電気量販店でもSurfaceの充電コードなどは売っておらず、本社から直接送ってもらうしかないそうです。

今回は購入して1年未満ということで無料で商品を送ってくれることになりました。

そして、母からマレーシアへ送ってもらい解決です。

なんとこのやり取りだけで1週間以上。

結論

・海外でも当たり前にPCを充電できるとは限らない。
必ず、コードに書かれている圧力範囲を見ること!

・変圧器を使用すると充電はかろうじてできるようになるが、変圧器の容量に
もよるそうです。

・世界的にはやはりMicrosoftよりApple

・途上国でのトラブルには日本の倍以上の時間とエネルギーを費やす

 

海外で働く皆さん。PC選びにご注意下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です