看護師の夜勤明け・入りの過ごし方!遊びと休憩のバランスを大切に!

6月頃から新卒者は先輩のフォローが外れ、夜勤も1人とカウントされ始める時期ですよね。

夜勤前後ってどのように過ごすのが良いのか…

けっこう悩みませんか?

ちなみに私は仕事を始めて数年間、夜勤前後の過ごし方の正解が分からなくて

3年くらい経つと、もうどう過ごしてもなんとかなるという境地に入ります。

夜勤前日~当日の過ごし方

前日に普段通り就寝する人

夜勤前日は直帰して、普段と変わらない時間に寝ます。

寝だめするときもあるかも知れないけど、時間を有効に使いたいと思えば7~8時に起きましょう。
コーヒーを淹れたり、普段作らないような朝食を食べるのも良いでしょう。

午前中に家事をまとめて終わらせたり、撮りだめていたドラマを見たり家でのんびりリラックスして過ごすのもgoodです!

少し眠くなったなという場合はソファでごろんと2度寝してもいいですよね。

夜勤まではリラックスタイムです。

習い事をしている人はあえて夜勤の入りの時間をうまく使うというのもgoodです!
体力を激しく消耗する習い事の場合はあまりお勧めしませんが、ヨガやピラティスなど心地よい程度の運動や語学教室などは良いかも知れません。

そして、夜勤頑張るぞー!とやる気を入れるためにたまには外でランチをするのはいかがでしょうか?

私はけっこう、夜勤前に動いておいしいもの食べて行くのが1番充実した過ごし方かなと思ってよくしていました(‘ω’)
美味しいもの食べるとやる気が出ますしね。

病院に行くまでの間に気になっているお店、お気に入りのお店など(^^♪
毎回の夜勤の度に新しいお店の発掘です。

前日に夜更かしする人

夜更かしということで友達と飲んだり、自宅でTVやDVDを見て過ごしたり…
夜勤の前日にのんびり楽しんでいる人も多いです。

深夜2~3時頃寝ると、起きるのが昼前後になりますよね。

そうなると出かける余裕はさすがにないと思うので夜勤までは自宅で過ごすことになります。

ブランチを食べて、少しだけ家事したりお風呂に入ったり。
起きてから仕事の時間までがあまりないと、ぼーっとしてしまって仕事モードへ切り替えにくいです。

そう言うときは入浴して、リフレッシュしてから出勤することをお勧めします。

そんな時に、顔入りの良いバスソルトなどあると良いですよね~

夜勤明けにゆっくりお風呂入ろう!と思うのですが、眠くなるし気分悪くてできないから夜勤入りでやることを勧めます!

 

夜勤明けの過ごし方

明けは貴重な休みの一部と捉えていました!

仕事終わったタイミングって眠さよりも興奮していることが多くないですか?
このまま自宅に帰ったら1日無駄になるんだとうな…って思ってしまって

いつも予定を入れるようにしています。

夜勤明けで直接行動して、夕方~休憩モードに入るか、

夜に予定を入れて夜勤後~夕方まで休憩するかのどちらかです。

仕事帰りにランチへ出かける

9時が夜勤終了時間ですがたいてい記録などで残業している人が多いと思います。

また、残業がなくても、看護師の控室でお菓子とか食べながらだらだらと過ごしてしまい、昼前になってしまったとかしょっちゅうです。

しかもテンションがハイになってしまって、全く眠れそうにないってこともよくあります。

16時間近く仕事を頑張ったんだからそのままランチへ出かけるのはどうですか?

もちろん、夜勤メンバーを誘ってもよし、一人でもよしです(^^♪

ランチをして帰ると15時頃になります。

シャワーを浴びてそのまま、おやすみなさい。

数時間だけお昼寝して生活リズムを整えても良いし、翌日なんにも予定がないって人はあえてアラームを設定せずに寝られるだけ寝てみても良いですね。

夜勤明けの夜に予定を入れる

飲み会

18~19時集合になるので夜勤終わり、そのまま直帰してお昼寝して夜のお出かけに備えるというスケジュールになります。

お昼寝の前にお腹いっぱいになるまで食べてしまうと胃もたれしてすぐに眠れないので、やや空腹程度にしておいた方がよいでしょう。

しかも夜に飲む場合はあんまりお昼に食べても…ね。カロリーも心配でしょ。

夜勤明けは睡眠不足で疲労もたまっているから普段よりもお酒が酔いやすかったりしますので、くれぐれも飲みすぎには気を付けてくださいね!

エクササイズ

睡眠不足でなんだかぼーっとしています。生活リズムも乱れてしまったし…と夜勤は明らかに不健康です。

そこで、夜勤明けは気分があんまり乗らなくてもエクササイズへ出かけるように心がけていました。

行くときなはんだか憂鬱な気分でも、行ってしまえばスッキリします。

大量に汗をかいて、スポーツドリンクを飲んで、「生きてる」って実感していました笑

深く考えすぎず、運動へ出かけましょう。

ただ、過度にやりすぎると、睡眠不足と疲労の身体に負担になってしまい怪我につながる恐れもあります。また脱水にも注意しながら気持ち良いと思うレベルの運動にしましょうね!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です