看護師もグローバル化!学生時代にTOEIC800点まで上げた学習方法part1

日本で働くんだし、看護師は英語なんて必要ないでしょ!って思ってる人。
今は、看護の世界もグローバル化しています。
これから東京オリンピックも控えており、日本を訪れる海外旅行者は年々増えているので、もっと需要は高まりますよ。

英語を勉強したきっかけ

高校の時、仲良しの友達が何人か1年間アメリカ留学へ行き、ネイティブ並に英語を話せるようになってきました。
それを見て、「かっこいいー!!!」って思ったのがまずきっかけです。
その友人はハリウッド映画を英語で見るのがストレス発散法と言っており、ますます「かっこいいーーー!!!」

経済的な事情で海外留学はできなかったので、なんとしてでも日本にいながら英語話せるようになってやるぞ!と決めました。

その結果、大学4年の時TOEIC800点(自己最高点)をゲット(^_-)-☆
日常会話は可能になりました。

医療英語に限定しない

看護師だからって医療英語を勉強する必要はないです。

なぜか、看護に授業で医療英語というのがありましたが、一般的な英会話ができないのに医療英語を勉強しても活用できません。

まずは外国人と日常会話ができることが1番大切です。

医療単語は働き始めて、所属する部署でよく扱う疾患や検査名などを覚えれば、無敵になります!

看護学部は他の学部よりコマ数が多くて忙しいって話は以前のブログ
を読んでもらうと分かる通り、あまり時間がないです。

が、少しの時間を毎日続ければ、看護学生だって英語の勉強もできます。

では、日常会話ができるまでになった私の英語勉強法を紹介します。

大好きな映画でシャドーイング

英語の能力の中でもリスニング力が1番劣っていたので、シャドーイングに力を入れました。
シャドーイングとは会話文を耳で聞いて自分で言うことです。
リスニング力を鍛えるには1番良い方法と高校でも習うはずです。

単に英語のCDを聞くだけだと楽しくないので、きっと続きません。
なので、高校生のころ見ていてNYへ憧れ、SEX and The CITYを選びました。

選ぶポイントは

・日常会話が多い
・内容を把握している
・映像が楽しい

この3点です。

例えば、法律関係や医療ドラマだと専門用語が多くてシャドーイングの難易度が高いと思います。
その点、セックスアンドザシティーは女性4人のテンポの良い会話がメインでNYの街並みも綺麗だし、ファッションも楽しいし、見ていて飽きない画像が多いので楽しみながら続けることができました!

(出典:http://www.contactsmusic.com/

シャドーイングのやり方

  1. ドラマ1本とかキリのよいところまでまずは英語の字幕なしでシャドーイングに徹する
    途中で諦めず1本でも30分でも自分で決めた範囲は英語の答えを見ずにシャドーイングを続けます。
  2. 英語の字幕をつけて、俳優と同じように話す。
  3. 再びシャドーイングをする。
  4. 再び英語の字幕をつけて、俳優と同じように話す。

以降はこの繰り返しです。
英語の字幕の確認を何度かしたら、3・4を続けましょう。

シャドーイングの注意事項

一つの文章が終わってから、声に出して聞き取った内容を言うのではなく、聞こえた順番に話します。
最初は自分の知っている単語しか聞き取れません。1文に2つや3つくらい。
そして意味も分かりませんが、そんなもんです!

自分が話してたら次の会話はほぼ聞き取れず、先に会話が進んでいることもよくあります。これもよくあることです!

まずは聞こえたところだけ言えばOKです。

ドラマ1本するのに1か月くらいはかかりますが、先に進むことよりも1作品を丁寧にすることに意味があります。

シャドーイングの目的はネイティブスピーカーのスピードと言い回しになれることです。
語彙力や文法は気にしなくて良いのでただ同じように言うを繰り返して1作品を完璧にできるようにしましょう!

私はドラマではなく映画版のSEX&the CITYで練習し1か月以上かかりました。聞き取りができるようになったのか、最終的にセリフを覚えてしまったのか分かりませんが…

強弱をつけて流れるように話せるようになりました!

例)Could you give me another cup of tea?
ネイティブ:Couldy ou  giveme another cupof  tea?
日本時:クッヂュー ギブミー アナザー カップオブ ティー?

①強調したい単語
②次の単語を繋げる意識

この2点をまねをするだけで英語は身に付きます!

語彙力を増やす

英単語Duo3.0のみ。これをひたすら完璧に覚えました。
英単語って覚えるだけでは、会話では使えませんし、聞き取りにくいです。

覚えてすぐに使う機会があると定着しやすくて良いのですが、なかなかないですよね…
日常的に、この単語なんだっけ?と思うものは調べ自分で単語帳を増やし、数日後、1週間後と繰り返し同じ単語を確認しました!

反復練習をすることで自分の英語として話せるように、聞き取れるようになりました!

看護の授業中の工夫

授業に集中しなさいって怒られそうですが…
90分ただ座って話を聞くだけって、途中で集中できなくなりませんか?

そんなときは私は気分転換に先生が言っていることを英語だったら何になるかなって?考えていました。

日常会話だと省略できるところでも説明文となるとやや構文が難しくなるはずです。

これをすると、私って全然英語話せないじゃん!と痛感しました。
単語もすぐに思い浮かばないし、動詞はget,have,takeばかり。そもそも主語すら正解が分からない時もありました。

それでも英語で考える時間を持つことが大切!と思って、授業に飽きた時に英語なら何て言うかな?と考える習慣がつきました。

この練習で英語を話せるようになったか分かりませんが、日常的に英語なら?っていうクセが身に付き、英語に触れる時間が長くなった気がします。

まとめ

・好きな映画でシャドーイング
・語彙力の強化
・日常的に英語で考える習慣づけ

これを続けると、英語での基本的な会話は可能になるはずです!
看護師もグローバル化!英語の勉強頑張りましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です