新人看護師は総合・大学病院へ就職すべき8つの理由

看護師免許を取得後、1番最初に選ぶ病病院は看護師人生の基盤を作るのでとっても大切です。

言うまでもなく、地域の総合病院・大学病院を選ぶ人が多いと思いますが、この決断は正しいです。

看護師人生を総合・大学病院でスタートした方がよい理由を教えます。

学習・キャリアのメリット

①教育体制が整っている

大きな病院なら新卒者にプリセプターとエルダーが指導してくれる教育体制は当たり前になってきました。

また毎年多くの新人が入社し、複数人で部署に配置されるので部署毎に新人教育マニュアルが完成しています。1年間の学習スケージュールや課題が明確なので、新人看護師も先を見通しながら学習できるので安心です。

1年目は業務内に新人研修が組まれているので部署を超えて仲間を増やすことができる機会も多く、信頼できる同期を作る絶好の場でもあります。

②院内開催の無料の勉強会が多い

1時間くらいの研修時間で要点を抑えて説明してくれるので院内開催の勉強会が新卒者にとって、最も効率の良い勉強の場であると思います。

一人で勉強をすると焦点がずれてきていても気づかず、時間ばかり無駄にするなんてことありませんか?集中力が切れたり誘惑に負けたりもあり得ます。

院内研修は看護師として必要な知識や技術が詰め込まれており、専門職種からの講義を受けることができ資料ももらえますので自習の中核にすると良いでしょう。

③症例数が多く、早く経験を積める

大きな病衣へ行けば必然的に手術件数や検査件数は増えます。

症例数が多い分、何度も同じ疾患や術式の患者を受け持つことができるので知識も豊富になり、早く経験を積むことができるでしょう。

個人病院や地方の病院へ入職した同期より、知識・経験ともに備わった看護師になることを約束します。

④難しい症例など学びの幅が広い

総合病院よりも大学病院の方が難しい症例は多いと思います。

治療法が分かっていない病気、症例数の少ない病気は最後の砦として大学病院のように専門性の高い治療を受けることができると患者家族は期待し、受診します。

確かに、複数の科で構成されている大学病院は多角的に患者を支援する環境が整っているので納得です。

中には県外から治療のためにマンスリーマンションなどを借りて通院している患者さんもいました。それくらい皆さん必死に治療にかけているんのです。

このように懸命に病気と向き合い頑張っている患者さんの支援ができることは大変貴重な経験です。担当する疾患数も多いので勉強になりますよ。

⑤ライフスタイルの変化に対応できる

結婚や出産を機にクリニックへ転職する人もいます。大学病院で培った技術や知識は役立つこと間違いなしです。

また子どもが小さいうちは夜勤のない業務へ異動し、キャリアを止めたくないという方もいます。大きな病院なら外来、検査部、治験部門など業務内容が多岐にわたるのでライフイベントに合わせて働き方を変えることが容易にできます。

病院を変わると新たにルールなどを覚えないといけないので大変ですが、同じ病院内での異動なら概ねルールや環境は一緒ですので、覚えることも少なく順応しやすいですよね。

スタッフのメリット

①同期の人数が多い

1年目看護師にとって1番の支えになるのは同期です。

ベッド数の少ない病院では配属が自分だけということもあり得ます。
しかし、大学病院のような大規模な病院では一般床なら4~8人程度、救急やICUなどは少し減りますが2~4人の配属が一般的です。

1年目、腹を割って話せるのも、失敗したときに話を聞いてくれるのも、切磋琢磨できるのも同期だけです。

私も何年経っても同期で集まるとほっとしますしやる気になれます!
やはり、同期は複数人いた方がいいですよ!

②スタッフの年齢層が幅広い

毎年新人が入るので若い世代~ベテラン世代までバランス良く配置されることが多いです。
少し困ったときに質問したいときは、年齢の近い先輩に尋ねることができ、しっかりとしたサポートを求めるならベテランの先輩に質問できます。

年齢層が広いからこそ、色んな意見が混じり、厚みのある看護が提供できるのです。

私は1年目の時、エルダー・プリセプターは10歳上で、一番年齢の近い先輩も5歳上という、経験豊富な先輩ばかりでした。

急変時はとっても頼りになる先輩ばかりでしたが、カンファレンスでは意見しづらいことも。もちろん、年齢が離れていても先輩方とプライベートでも仲良くさせて頂きましたが、少し時間はかかりました。

やっぱり年齢のバランスが良い方がいいですよ!

③ローテーションが多いので風通しが良い

就職するとき、意地悪な先輩がいたらどうしよう…と気になりませんか?
運次第とも言えますが、総合病院なら総数が多いのでお局の割合は下がりますよ。

何年か毎に強制ローテーションを決めている病院もありますのでお局が長期で同じ部署に残るという可能性が低いです。ローテーションが多いと、違う部署のルールが少しずつ入ってくるので、1つの部署ならではの時代遅れな風潮がなくなる利点もあります。

まとめ

・多くの症例数を担当できるので、知識・経験豊富な看護師になることができ
ます。

・どんなキャリアにも対応できる基礎力を身に着けることができます。

・信頼できる同期に会える確率が高まります。

・幅広い年齢層の中で働くことができるので風通しも良いでしょう。

 

看護師人生のスタートはとっても大切です!
大きな病院へ入職するというには大変なこともあるとは思いますが、その分自分の力となり、将来の強みとなります。

若いからこそ頑張れる!間違いないです。

未来を担う新人看護師さん、応援しています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です