誰でも分かる熱中症とは!対策、注意点、救急車を呼ぶ基準をまとめました

日本列島、連日の40度超えで毎日のように熱中症で救急搬送されたとか中には死亡した方もいらっしゃいます。

毎日熱中症予防について報道もされていますが、もっと具体的な症状と対策、そしてどの程度になったら病院へ受診すべきなのかなど

誰でも分かる、すぐにできる知識と対策をまとめました!

熱中症とは

高温多湿の環境下で起こる体調不良の総称です。
病名ではありません。

体温調節機能が正しく働かなくなり、熱を逃がすことができなくなります。その結果、深部体温が上昇して起こるのです。

熱中症の分類

重症度 症状 呼び名 対応
Ⅰ度(軽症) 気分不良、めまい、立ち眩み、こむら返り、手足のしびれ、筋肉痛 熱痙攣・熱失神 涼しい場所で経過観察
Ⅱ度(中等度) 吐き気、頭痛、大量発汗、脱力感、疲労感の増強、呼吸が荒くなる、脈が速くなる 熱疲労 病院へ
Ⅲ度(重症) 意識がもうろうとする、手足に力が入らなくなる 熱射病 救急車

 

Ⅰ度の熱中症(軽症)

正式には熱痙攣や熱失神と言います。

熱中症は炎天下で起こると思っている人が多いと思いますが、高温多湿の室内、例えば体育館などでも起こります。

大量の発汗により身体は脱水になります。体温を下げようと皮膚の血管が広くなり、全身をめぐる血液量が減少します。その結果、脳への血流が乏しくなり、めまいや立ち眩みを生じます。

大量の発汗や呼吸回数の上昇、脈拍数の上昇などでなんとか体温を維持しようと身体は働きます。そのためⅠ度の熱中症では体温は正常なことが多いです。

対処法

冷却

  • 日陰と言っても最近は暑いですよね。クーラーの効いた室内へ移動しましょう。
  • 太い血管が通っている、脇の下、足の付け根、左右の首を保冷剤で冷やします。氷がない場合は、冷水を全身へかけて、うちわであおぐなど。
    とにかく、身体の表面の体温を下げる行動を!
  • 身体にフィットした服装をしている場合は血液の流れをよくするために洋服を脱がす、ベルトを緩めるなど、リラックスできる格好にする。

水分補給

  • 発汗により塩分なども不足しているのでできればスポーツ飲料の方が良いですが、1Lの内、半分スポーツ飲料、半分は水でも構いません。

血流維持

  • 少しだけ足を高くしておくと心臓・脳への血流が良くなるので立ち上がったときにめまいを予防できます。

看護師アドバイス

保冷剤とか持ち歩いていないよって思いますよね。
冷たくなればなんでも良いのです。ペットボトルを凍らせたものでも最悪、水をぶっかけるでもOKです。

部活をしている学生

  • 飲み物は凍らせて持って行きましょう。
  • 氷を作るトレイでスポーツ飲料などを凍らせて持って行くと便利です。(凍らせたペットボトルって溶けるまでに少し時間がかかって飲めないってこともあるけど、氷の形状で凍らせて持って行けばその心配はなし)
  • ガーゼハンカチ、おしぼりのようなものを水につけて凍らせて持って行く。休憩中は首回りをそのタオルで冷やしましょう。
  • 保冷バッグに保冷剤を入れておきましょう。

夏休みになり部活をしている人、多いですよね。
外で練習をする部は対策をとっていることが多いと思いますが、室内練習も侮れません。

自分は大丈夫だろうと思っている人が1番危なくて、自分の身は自分で守りましょうね。

OLや女性

【服装】

日焼けが気になるかたと真夏でも長袖を着ている人がいますよね。確かにUV対策も重要ですが、風通しの良い綿や麻などの素材のものにしましょうね。
長袖を着ることで皮膚の汗が蒸発しにくくなり、身体に熱がこもりやすくなるので暑さと日焼けを我慢し過ぎないことを守って下さい。

【常温の水】

身体を冷やすのは良くないからと夏場に常温の水、中には温かい飲み物を飲んでいる人いませんか?美意識が高いのは素晴らしいです。
ずっと室内の冷房が効いているところにいる場合は、常温でもHOTドリンクでも構いませんが、外出時はきちんと冷たいものを飲みましょうね。

 

Ⅱ度熱中症(中等症)

普段と明らかに様子がおかしい、疲労・脱力感が著名、肩で息をするような呼吸方法になります。
この場合、1番悩むのは病院へ行くべきかどうかですが、
決め手は自分で水分補給ができるかどうかです。

高校生~成人の場合、水分補給ができ意識が保たれているなら涼しい場所で安静になり様子を見ても良いでしょう。
ただし、水分・塩分を補給し休息をとっても症状が持続するようでしたら必ず病院へ行って点滴による治療をしましょう。

要注意なのは小児と高齢者です。
自覚症状が乏しいこと、体力が不十分なことを考えると、脱力感がある場合は間違いなく病院を受診した方がよいです。

見た目以上に重度の熱中症ということがあり得ます。特に、高齢者の場合、持病を抱えている人も多く脱水によって持病が悪化することも考えれますので躊躇せずに病院へ行ってください。

看護師アドバイス

【高齢者】

高齢になると体温調節の機能が衰えてきます。またクーラーをつけるのがもったいないと、窓を開けて扇風機で過ごしている人もいるでしょう。

昔はそれでも良かったと思います。ただ、年々気温は上昇し、もはやクーラーなしでは生活できないレベルへ到達しています。

確かに電気代は気になりますが、日中に過ごすリビングだけでもクーラーを使用し涼しく過ごしてください。

一方で、涼しいと喉が渇かないからと水分補給を怠ることがあります。
喉が渇いたというのも少し鈍感になってきていますので、1~2時間置きにコップ1杯の水を飲むなど意識して飲んでください。

【躊躇せずに病院へ】

大したことないし、大丈夫!って思わずに、病院へ行きましょう。
もちろん大丈夫な人は救急車ではなく自家用車やタクシーで来てくださいね。

1度受診し、点滴で水分を補えばすぐに改善します。
病院へ行くことは決して恥ずかしいことではないので、無理せず遠慮せず。

Ⅲ度熱中症(重症)

熱中症という言葉は最近聞かれるようになり一昔前は熱射病と言っていましたよね。そうなんです。Ⅲ度の熱中症が熱射病のことでつまりやばい状態なんです。

意識がもうろうとしている、まっすぐ歩けない人がいたら、
安全かつ涼しい場所で仰向けに寝かし、救急車を呼びましょう

重度の熱中症の場合、治療までの時間が長くかかると、死亡することもあります。
意識障害、DICという血液異常をきたすことや、肝臓・腎臓の障害、そして血圧の急激な低下(ショック状態)を招きます。

早急に点滴による治療や体内のミネラルバランスが乱れている場合は一時的な透析も必要になるのです。

夏場に様子がおかしい人がいたらまず1番に熱中症を疑い、ためらわずに救急車を呼んでください。

まとめ

体温よりも気温が高い毎日です。
それでも、仕事や部活に行かなくてはいけません。就寝時間でも30度近くあり、もはや1日真夏日が当たり前になってきていますので、誰もが熱中症になり得ます。

重度になった場合、命を落とすことも後遺症が残ることもあり怖いです。

自分は大丈夫と思わずに、「冷やす」「水分補給」「休む」を忘れずに!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です