救急看護師の実際!夜勤の業務内容とスケジュールを大公開

日勤の話に続けて夜勤バージョンです。

2交代制を例にします。

おさらいですが、救命センターの場合、救急外来、救急病棟、救命ICUという3つの部署から成り立ちます。それぞれ、業務内容が異なるので1つずつ説明していきます。

15:30~9:00 勤務の場合

救急外来

15:30~16:00  初療室、処置室、待合室などの部屋の物品確認と物品補充

16:00~16:30  日勤者からの引継ぎ

16:30~9:00     患者さん・家族からの電話対応、救急車で来院した患者さ

んの処置、徒歩で来院した患者のバイタルサインとケア

日勤業務とほぼ一緒です。

気になる人は

救急看護師 日勤の話

を確認してくださいね!

17~20時までに夕食休憩、22時~6時頃までの空いた時間に仮眠休憩が取れます。

救急病棟

15:30~16:00 受け持ち患者の情報収集 救急カートや物品の確認

16:00~16:30 申し送り

16:30~18:00 バイタルサイン測定や夜間の点滴準備

18:00~19:00 夕食介助・配薬

20:00~21:00 バイタルサイン測定

21:00     消灯

0:00     バイタルサイン測定 ドレーン類のINOUT計算

6:00       起床、INOUT測定

6:00~7:30  バイタルサイン測定、採血、検査へ出棟、モーニングケア

8:00~8:30  朝食介助、配薬、申し送り

8:30~9:00  記録の最終確認

救急病棟に入院している患者さんのケアはこんなスケジュールになりますが、夜間は緊急入院の患者さんが非常に多いので受け持ち患者を担当しながら新規入院患者の受け入れや手術室のお迎えなどがあります。

なので、この規定業務に加え、入院を受けてその患者、家族からの情報収集やアセスメント、薬の確認など業務がぐんと増えます。

ちなみに私は受け持ち0人から勤務を開始しMAXの4人入院を受け入れたことともありました。

救命ICU

15:30~16:00 受け持ち患者の情報収集 救急カートや物品の確認

16:00~16:30 申し送り 日勤者と点滴や設定の確認

16:30~21:00

21:00     消灯

0:00     ドレーン類のINOUT計算

6:00       起床

6:00~7:30  採血、検査へ出棟、モーニングケア

8:00~8:30  申し送り 日勤者と点滴や設定の確認

8:30~9:00  記録の最終確認

救急病棟と似ています。ただ、違う点はバイタルサインの確認などは1~2時間置きにしているので、検温という感覚が薄いことでしょうか。

1人の患者さんの点滴の数も膨大かつ極めて重要な点滴を取り扱うことが多いので確認作業が欠かせません。スピードも大切ですが正確さがより重要な仕事になってきます。

救急病棟と同じく、緊急入院がいつ決まるか分からないので受け持ち業務をしながら入院に備えます。入院直後は状態が不安定なことや情報収集が不十分なこともあるので急変リスクが高く、入院かつ急変なんてこともあり得ます。

救急病棟・ICUともに夕食時間と仮眠時間がありますが、繁忙度に応じて異なるので絶対に〇〇時とは決まっていません。

救急看護師は夜勤の方が忙しい

救急外来・病棟・ICUともに夜勤の方が多忙です。

夕方以降はクリニックは閉まりますので、体調が悪くなれば救急を受診するしか方法がないのでやむを得ません。

外来は絶対的に夜勤の方が忙しいです。

2次救急(準緊急)が多いときは救急病棟へ入院するケースが多くなり、救急病棟看護師はずっと緊急入院を受けることになり、気づいたら朝って感じのこともよくあります。

3次救急(緊急・重症)が多いときはICUが疲弊します。
ICUへ1件でも入院するというには事前の準備、入院後の方針確認や急な検査など1患者のことを確認するのに大変時間がかかります。

さらに入院を受ける看護師以外のメンバーで既存の患者を看なくてはいけないので瞬時に忙しくなります。

一般床に比較し夜勤は大変です!

保険マンモス

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です