救急看護師の実際!日勤の業務内容とスケジュールを大公開

2交代制の例です。

救命センターの場合、救急外来、救急病棟、救命ICUという3つの部署から成り立ちます。それぞれ、業務内容が異なるので1つずつ説明していきます。

例)2交代制で8時~17時勤務の場合

救急外来

7:45       初療室、処置室、待合室などの部屋の物品確認と物品補充

8:00~8:30  朝礼、夜勤者からの引継ぎ

8:30~16:00

患者さん・家族からの電話対応

主にかかりつけの患者さん・家族からの電話です。病状の悪化や病院に行くべきか判断に悩んでいるなどの連絡で症状や状況を確認し、必要な科の医師へ電話を繋ぎます。いわば、患者さんと医師の橋渡しです。

救急車で来院した患者さんの処置

3次救急という重症度・緊急度が高い患者さんの搬送依頼は救急隊から電話がかかり医師が受けます。何分後に到着するかを確認し、初療室の準備を始め、そのまま患者さんの処置介助へ入ります。初療室の看護師は基本的には2名で、記録係と外回りです。手術室を想像してもらうと良いです。

2次救急は重症・緊急になり得る患者さんを想定していて、基本的には処置室で対応します。処置室にいる複数の患者さんを基本的には一人の看護師で対応します。

徒歩で来院した患者のバイタルサインとケア

徒歩で来院する患者さんのことをウォークインと言います。事前の連絡なしで来院される場合もあるので患者さんに問診票の記載を依頼し、バイタルサインを測定の上、適切な科の医師へ報告します。

16:00~16:30 申し送り

16:30~17:00 片付けや夜勤者と協力して患者対応の続き

救急外来の主な業務はこんな感じです。

いつ忙しくなるのか、はたまた平和な1日となるのか予測不明です。

空いた時間は勉強会の準備や小児患者向けのシールを作ったりなど作業をしています。

救急病棟

7:30~8:00  受け持ち患者の情報収集

8:00~8:30  申し送り

8:30~11:00   患者のケア、転床の準備や搬送

13:00~16:00

患者・家族のケア、リハビリ介助、点滴作成や配薬、看護計画の見直しや倫理カンファ、緊急入院の受け入れなど

16:00~16:30 申し送り

16:30~17:00 記録

午前中は清潔ケアと転棟準備

救急病棟は夜間の緊急入院患者を受け入れることが1番の目的ですので、日勤の朝が1番入院患者が多い状態になっています。

そして、救急科以外の患者(消化器内科とか脳外科とか)で病態が安定している患者は午前中の内に一般病棟へ移動します。

なので、救急病棟の午前中は転棟患者のケアを優先的に行っています。
中には転棟前に検査や手術を予定している患者もいるので午前中は時間との勝負です。

午後は受け持ち患者のケアとカンファレンス

午後になると病棟に残る患者数がぐっと減ります。たいてい、看護師1人つき患者1~2名が平均的です。

ようやく自分の受け持ち患者さんのケアがゆっくり行う時間となるので情報収集やリハビリ、洗髪などの追加の清潔ケアを行います。

また看護師全員で看護計画や栄養・褥瘡などのカンファレンスをこまめに実施し看護の質の向上や廃用症候群予防の介入に努めています。

ただし、救急なのでいつ緊急入院が決定するか分かりませんので、やるべき受け持ち患者のケアは短時間で確実に行い、いざというときに備えていることが多いです。

記録はいつするの?

PCと一緒に行動するのが基本です。
なので記録はその都度行います。特にマルチチャートと言ってバイタルサインや最低限の観察項目の確認などはその時に入力しないと意味がありません。

全医療スタッフがそのチャートを確認しているからです。

こまめに記録をすることで残業を減らすことができるので基本的に仕事をしながら日々の記録も書き、申し送り後はカンファレンス記録など次の勤務者に迷惑をかけない記録をします。

救命ICU

7:30~8:00  受け持ち患者の情報収集

8:00~8:30  申し送り、夜勤者と点滴や設定の確認

8:30~11:00   患者のケア、必要な検査や処置の準備

13:00~16:00 患者のケア、処置の介助、カンファレンス、緊急入院の受け入れ

16:00~16:30 申し送り 夜勤者と点滴や設定の確認

16:30~17:00 記録

業務内容は救急病棟と一緒

救急病棟の1日とほぼ同じです。転棟する患者が救急病棟よりも少ないので午前中・午後であまり時間の過ごし方に違いはありません。

業務内容は清潔ケアやリハビリ、点滴準備やカンファレンスが主です。

転棟患者は少ないですが、CTやMRIなど検査に行く場合は事前の準備が欠かせません。重症な患者なので医療機器もたくさんつけていますし、検査のための移動を兼ねて何かケアをするというように患者の負担を減らす工夫が必要なのです。

救急病棟との違い

1つの処置にかかる時間です。

重症患者なので処置の準備~終了まで時間がかかります。全身清拭であっても看護師2名以上で行いますし、途中で吸引したり、創部の処置をしたりなど、患者を動かすついでのケアがありますので時間がかかります。

また、様態が変化しやすいのも特徴です。1人急変すると、ICU全体の繁忙度が上がり、予定通りに業務が進まなくなります。

なのでその都度優先順位や自分の役割を考えて動く必要があります。

まとめ

文章だけで読むと救急外来・病棟・ICUともにルーチンワークかと思われるかも知れません。

基本的には毎日同じことの繰り返しです。

ただ、思い通りにいかないのが救急なのです!

記載通りに業務を行えることは珍しく、予測できないことが起こるのでやりがいもあり実力もつきますよ。

保険マンモス

スポンサーリンク

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です