海外赴任前に日本でやるべきこと-銀行・クレジットカード・保険・郵便物-

初めて海外赴任をすると、銀行、クレジットカード、保険、郵便物など…

気になることが多いのではないでしょうか?

私もその一人で帯同する前にどうすると不自由なく生活できるか考えました。

そこで、家族みんなで帯同する場合に日本でやっておくべきことをまとめます。

銀行の手続き

非居住扱いにしない

長期に海外赴任をする場合は住民票を日本から抜き、非居住扱いとなります。つまり、日本に住んでいない人という認識です。国籍が日本であっても住民票を抜いてしまえば、非居住ということになります。

日本ではメガバンクはもちろん、ほとんどの銀行で非居住者に対して取引制限が強いられます。1番困る制限はネットバンキングです。

ATMに行かなくても、インターネットを介して口座振り込みや預金管理ができる便利なサービスのことですが、ネットバンキングを利用できるのは国内に住んでいる人に限るとほとんどの銀行で決まっています。

つまり、海外赴任に伴い住民票を抜いてしまい非居住ですと銀行に届け出をするとネットバンキングが使えなくなるのです。

海外で必須のネットバンキング

現地に銀行口座を開設できれば日本の銀行のネットバンキングが使えなくても困ることはないかも知れませんが…Working VISAを取得している夫は現地で口座を作ることができますが、family VISAの妻は作れないことがあります。

しかし、自宅にいる妻の方が急な振り込みなどを対応するのに、口座がないってかなり不便です。また、お金のINOUTの管理がどこでもできるインターネットバンキングは言うまでもなく便利ですよね。必須のサービスですので絶対に日本の銀行に非居住と申告しない方が良いでしょう。

非居住申請をしない代わりに住所変更をする

実際は住んでいない住居に銀行から重要書類などが届くこともありますよね。手続きを逃してしまった場合、もしかしたら口座を止められる可能性もあるわけです。

いざということを考えて、海外赴任の前に銀行口座の住所を実家などへ変更しましょう。そうすれば非居住扱いにもならないのでネットバンキングを利用できますし、重要書類が届いたときでも実家の家族が対応してくれます。

ネットバンキングのカードとアプリのダウンロードは必須

海外でお金の管理をするために必ず日本からネットバンキングのカードと各銀行のアプリはダウンロードしましょう。

セキュリティが厳しくなり、最近はカード裏の番号などでログインできなくなっています。Once time passwordが必要なので主要銀行のアプリとパスワードのアプリの2つダウンロードする必要があります。

【Apple Storeのアプリ】

【住友銀行】の場合、サイトに詳細に載っています。ぜひ参考にしてください。

ネット銀行の口座開設の勧め

メガバンクの店舗も年々減ってきていますね。時代はネット銀行に移り変わっています。メガバンクでもネットバンキングが使えるからあえてネット銀行を開設する必要ないじゃんと思うかも知れませんが、1つ持っていると便利ですよ。

ネット銀行のメリット

  • 振込手数料が無料・安い
  • ATM手数料が無料・安い
  • 定期預金の金利が高い
  • 住宅ローンの金利が低い
  • 24時間いつでも取引できる
  • 窓口に行く必要がない

一般的なメリットの中で赤字で示したものが海外赴任中のメリットと言えます。実際、振り込み手数料が安いのは大きいですし時差を気にせず取引できるのも助かります。

無料で開設できますし、住所変更などを心配する必要もないのでぜひ海外赴任前に1口座開設してはいかがでしょうか?

クレジットカード

クレジットカードも重要書類が定期的に郵送されてきます。特にカードの期限の案内やゴールドカードへのインビテーションカードの案内は逃したくありませんよね。

クレジットカードも海外赴任前に実家などへ住所変更をしましょう!

生命保険

保険会社からも重要書類が送られてくる可能性や今年の保険料のお知らせなどありますよね。万が一、海外赴任中に病気になり日本へ帰国するなど、保険を使う機会があるかも知れません。

海外赴任前は必ず担当者へ連絡し、必要な対応を確認しましょう。保険会社ごとに届け出などは異なると思いますが

私たちは海外赴任手続きみたいなのがあり、現地での住所や連絡先と日本での緊急時の連絡先などをお知らせしました。保険に関する案内は全て実家に送られるようになっています。また、メールアドレスを交換し、直接連絡を取ることができるようにもしてもらいました。

郵便物の書類を転送する

これまで、銀行・クレジットカード・保険の住所変更を行ってきましたが、毎日のように郵便物ってありますよね?手紙や招待状など必要なものもあれば、お店からのセールの案内など全く要らないものまで。

全ての郵便物に関して郵便局の転送サービスを依頼し、実家に届くようにしています。

1年間転送してくれるサービスです。1年以上海外で生活する人は毎年延長手続きをするしかないでしょう。

ネットで転送サービスの手続きが可能ですが、開始されるまでに約1週間くらいかかりますので前もって手続きを完了させましょうね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です