救急部と救命救急センターって何が違うの?働く前に仕組みを理解しよう

救急処置を受けることができる医療機関を
救急部・救命救急センター・ERなど様々な呼び方で呼ぶと思います。

が、この違いってご存知ですか?

看護学生で「将来は救急看護師になりたい」と目標を持っている人も多いと思いますが、呼び名によって役割が違います。しっかり、この違いを理解しましょう。

基本情報

救急患者は3つのカテゴリーに分かれます。

【1次救急】診察・処置後に帰宅できる軽症の患者
【2次救急】一般病棟に入院が必要な中等度の患者
【3次救急】集中治療室での入院が必要な重篤な患者

1次救急はウォークインと言って患者本人または家族付き添いの下、自力で病院へ来れる状態です。自力でと言いましたが、実際は救急車を利用する人も少なくありあません。確かに、医療関係者以外の人は状態を判断するのは難しいことではありますが、一般的な心理では大事をとって救急車を呼ぼうと思うのでしょうか?
歩ける、車の乗り降りが軽度の補助でできる程度ならタクシーで来院してほしいと思うばかりです。

2次救急は救急車で来院する人が多いと思われます。中にはウォークインで来院したが採血データが思いのほか悪かったなど…入院になるケースもあります。

3次救急は救急車以外ではまずないでしょう。緊急度・重症度ともに高い患者です。初療後は救急病棟(HCU)やICUへ入院することがほとんどです。

救急患者は上記の3つの枠組みに分かれます。これは基本ですので知っておいてください!

救命救急センターとは

3次救急を受け入れることができる施設で厚労省が定める条件をクリアした病院のみ名乗ることができます。

【要件】

  • 20床以上の専用病床を有する
  • 24時間体制で重篤・複数の診療科にわたる全ての患者を受け入れることができる
  • 3次救急医療に精通した高度な技術や知識を有する医師と看護師を24時間体制で配置できる

【求められる役割】

  • 緊急性・専門性の高い脳卒中、急性心筋梗塞等や、重症外傷等の複数の診療科領域にわたる疾病の患者を24時間、高度な専門的医療を総合的に実施し、処置や診察をする
  • 他の医療機関で受け入れが難しい重篤患者へ医療を提供し、地域の救急患者を最終的には受け入れること
  • メディカルコントロールや救急医療に携わるコメディカルの教育・指導を行う拠点となる
  • 急性期のリハビリを行う
  • 急性期を脱したが後遺症など、引き続き医療処置やリハビリを必要とする患者の転院調整などを積極的に行う
  • 災害時の受け入れができるよう普段から訓練を行う

など、厚労省によって求められることが明示されています。

救命救急センターとは言わば、大学病院の縮図のようなイメージを持ってください。センターには救急外来・救急病棟(HCU)・集中治療室の3部署から成り立ちます。先ほど20床以上の病床数と言いましたが、救急外来には入院ベッドはないので、救急病棟と集中治療室の2か所で20床以上ベッドを持つ必要があります。

救急病棟は4:1の配置(HCUと一緒です)、集中治療室は2:1の配置です。

救急外来では年齢・科を選ばず誰もが受診できますし、救急病棟は全ての科の患者の入院を受け入れます。救急の集中治療室は3次救急で搬送され、人工呼吸器や24時間持続透析など特別な医療機器を必要とする患者や急変リスクが極めて高い患者などを受け入れるところです。

大学病院を思い浮かべてみて下さい。外来部門=救急外来、一般床=救急病棟、ICU=救急集中治療部というのが分かりますか?救命救急センターは大学病院の役割を1か所でこなしているようなイメージです。

救急部とは

看護師で救急部配属と言う人がいますが、もしかしたら使い方を間違っているかも知れません。

救急部とは1・2次救急の患者を受け入れることができる施設、もしくは3次救急も受け入れ可能だが専用病床数が20床以上保持していないなど。つまり、救命救急センターの要件を満たしていない救急治療ができる施設のことを一般的に救急部=ERと表現しています。

高度救命救急センターとは

ドラマなどで聞いたことがあるかも知れませんが…
救命救急センターの内、特に広範囲熱傷、指肢切断、急性中毒等の特殊疾病患者を受け入れることができる施設のことを指します。

つまり、救命救急センターよりもさらに重症で重篤で命の危険が迫っている患者が多く運ばれます。

全国で38か所。1県に1施設あるわけではないのです。東京4箇所、大阪3か所と都心には多いですが、秋田、島根、鳥取、沖縄にはいまだにありません。

人口密度が高い東京や大阪などはそれだけ高度救命センターに運ばれてくる割合も高くなるので施設が必要ということは分かりますが、沖縄にないとか大丈夫?と思いますよね…

恐らく救命救急センターが重篤患者を全て受け入れていると思われます。本州では、ドクターヘリなどで移送も可能ですが、さすがに沖縄は1番近くて大分なので移送を待ってられない可能性が高いでしょう。

救急看護師を目指す人へ

機能によって呼び名が異なるということを理解していただけましたか?
超急性期、将来的にはフライトナースや認定看護師になりたいと情熱を持っている人はぜひとも高度救命センターで働くことをすすめます。

地域に根付いて患者をトリアージしていくことを求めるひとは救急部で問題ないでしょう。

高度救命センターだから優秀とかではありません。求められる役割をしっかりと果たせる看護師こそ優秀な看護師です。
自分の目標に応じた病院選びをしてくださいね!

RUIRUE BOUTIQUE(ルイルエブティック)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です